名刺におけるルール

何事にもルールやマナーがあるように、名刺においても従うべきルールや守るべきマナーがあります。
取引相手に好感を持たれるためにも、ルールとマナーをしっかりと抑えておきましょう。
まず、一対一で、名刺交換を行う際には、必ず目下の側から目上の側に対して、先に名刺を差し出します。
ビジネスにおける目下目上とは、お金を差し出す側が目上で、受け取る側が目下です。
それ以外においては、身分や地位が低い方、もしくは訪問者側が目下となります。
また、複数人を相手に名刺交換を行う際には、一対一の時とは逆に、目上の側から順番に名刺交換を始めます。

名刺交換を行う際には、必ず立って行います。
この際に、名刺交換を行いやすい位置へ移動しておくことも大切です。
名刺を差し出す際には、名前の前に社名を入れて、自己紹介を軽く行いながら相手に渡します。
手渡す際には両手で、かつ名刺の内容が相手に分かるように、文字の向きを予め考慮して持っておきましょう。
また、名刺を受け取る際には、黙って受け取る事はNGで、必ず「頂戴致します」と言ってから受け取りましょう。
名刺の受け渡しを行う際には、相手の名刺に記載されている会社のロゴを指で隠してしまったり、名刺を片手で受け取ったり、名刺を財布やポケットから取り出して直接渡したりしないように注意しましょう。
名刺を受け取った後は、すぐに名刺入れにしまうのではなく、名刺入れの上に重ねて持ち、椅子に座った後は、テーブルの上にそのまま置いておきます。
名刺をしまうタイミングは、通常、相手の名前を覚えるまでですが、机の上に置いた後の場合には、商談や打ち合わせが終わった後に行うのがベストです。



*SPECIAL LINK*
高品質のビジネス名刺を注文できるサイトです ―> 名刺 高品質

Copyright © 2014 名刺に関するマナー All Rights Reserved.